おのりんLIFE  ~ブログアフィリエイト&FXアナライズ~

FX外為トレード&アフィリエイト情報



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2013-11-01

住宅性能評価とは

住宅性能評価とは、国土交通大臣の登録機関が、法律に基づいて、住宅の性能を客観的な等級で表す制度を指します。
この住宅性能評価を利用すると、どのようなメリットがあるというと、建設住宅の性能評価書が発行されることです。
住宅において、住宅性能評価されると、引渡し後、万一トラブルが発生した場合、解決できるところです。
建築の専門家や弁護士が組織する指定住宅紛争処理機関を利用できるのが、住宅性能評価のメリットと言えます。
住宅性能評価の最低基準が等級1に該当し、等級が上がると、それだけ性能が高いことを示しています。
は建築基準法が守られている事が住宅のひとつの基準ですが、住宅性能評価の場合、建築基準法が守られている事が最低基準になります。
いわゆる住宅性能評価センターなどに、住宅の評価を申請するというのが基本的な手続きになります。
1万円の手数料で、あっせん、調停、仲裁まで申請することができるので、住宅性能評価は有意義な制度といえます。
建築主、住宅会社、不動産業者のいずれかが、国土交通大臣指定の第三者機関に評価申請すれば、住宅性能評価を利用できます。

住宅性能評価は、住む人のそれぞれの状況に応じて、取得する等級を決めのが1つのポイントになります。
そして、住宅性能評価の場合、家の性能を表示する基準として、10区分があり、それぞれの項目で等級や数値があります。
家に関する詳しい知識がない人でも、住宅性能評価を利用すれば、簡単に家の性能を比較検討することができます。
わずかな費用で早期の解決が可能となるのが、住宅性能評価を利用する価値であると言えます。
全ての項目で等級を高く取得する必要がないのが住宅性能評価で、住む人にとって必要な住宅の性能を考慮できます。
この住宅性能評価を利用すれば、どのような工法で作られた住宅でも、同じ目安となる基準で性能を評価することができます。

住宅性能評価には、構造の安定に関すること、という項目があり、これは、大地震や台風が来た際、家の丈夫さなどを比較できるものです。
つまり住宅性能評価書を取得した住宅のみ、弁護士会が主催する住宅紛争処理機関を利用することができます。
住宅にまつわるあらゆるトラブルが起きた際、住宅性能評価を受けていれば、トラブルが解決しやすくなります。
そして、住宅性能評価を利用すると、弁護士会主催の、住宅紛争処理支援センターを利用することができます。
住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づいて、合格した物件に対し、住宅性能評価書が交付されます。
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

なーるほーどー情報
相互リンク
ブログランキング
オススメ!!
勝手にリンク(リンクして)
プロフィール
おのりアクティブに引きこもっています 忙しくて中々趣味を実行できていない そんなおのりの趣味たちを紹介します

おのりたま

Author:おのりたま
ゆっくりしていってね

フリーエリア
お気に入り
毎日チェックしています
稼げる情報が、満載です^^↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。