おのりんLIFE  ~ブログアフィリエイト&FXアナライズ~

FX外為トレード&アフィリエイト情報



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2013-11-06

住宅性能評価のメリット

第三者機関の指定住宅紛争処理機関を利用できるので、住宅性能評価を受けていれば、住宅の紛争を迅速に処理できるメリットがあります。
住宅の鑑定書とも言えるのが、住宅性能評価であり、住宅の転売時に建物の正当な価値を計算する根拠の資料としても利用できるメリットがあります。
指定住宅性能評価機関が、検査後に交付する評価書によって明確になるメリットは大きいです。
そして、住宅性能評価の場合、指定通りにできているかどうかを、JIOの検査で確認できるメリットもあります。
担保評価額の9~10割まで借入可能な住宅ローンが利用できるのも、住宅性能評価のメリットです。
第三者機関の登録住宅性能の評価機関がチェックするので、住宅性能評価のメリットは大きく、評価に何より信頼性があります。
また設計住宅性能評価書は、契約書に添付すると、契約書の一部として活用できるメリットがあります。

住宅性能評価のメリットは非常に大きく、設計通りの性能をもった住宅を実現することができます。
そして、住宅性能評価は、住まいづくりを検討する際、複数の住宅メーカーが奨めるプランを共通の基準で比較できます。
それぞれの人が求める性能を満足させる住宅を選ぶことができるのが、住宅性能評価の最大のメリットと言えます。
また、建築基準法の検査に加えて、指定住宅性能評価機関の評価員が検査を行うので、欠陥住宅の発生が防げるメリットもあります。
業者と買主の間にトラブルが起こった時でも、住宅性能評価を利用していれば、間に立って調停してくれます。住宅性能評価を利用するメリットは、色々ありますが、まず言えるのは、安心で、お得な制度であるということです。
また、メリットとして、建設住宅性能評価を受けると、耐震等級に応じて30%~10%の割引があります。

住宅性能評価を受けていれば、金融機関の金利優遇制度の対象になるので、住宅ローンの金利が優遇されるメリットがあります。
まさに消費者のための制度で、住宅性能評価は、専門的な知識や用語を知らなくても希望を的確に伝えられるメリットがあります。
構造や工法、施工会社に関わらず、住宅性能評価は、国が定めた共通の基準でチェックできます。
共通の基準が住宅性能評価なので、事業者との間で解釈の違いなどを防げるメリットもあります。
設計住宅性能評価書と建設の評価書の両方があれば、住宅紛争処理機関が調停や仲裁を行ってくれます。
住宅性能評価を受けると、客観的な基準で評価されるので、欠陥住宅を建てるような不良業者との差別化が図れます。
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

なーるほーどー情報
相互リンク
ブログランキング
オススメ!!
勝手にリンク(リンクして)
プロフィール
おのりアクティブに引きこもっています 忙しくて中々趣味を実行できていない そんなおのりの趣味たちを紹介します

おのりたま

Author:おのりたま
ゆっくりしていってね

フリーエリア
お気に入り
毎日チェックしています
稼げる情報が、満載です^^↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。