おのりんLIFE  ~ブログアフィリエイト&FXアナライズ~

FX外為トレード&アフィリエイト情報



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2013-11-07

住宅性能評価の基準

住宅性能評価には基準があり、住宅性能を契約事前に比較できるよう、新たに性能の表示基準を設定しています。
共通ルールを建設大臣が定めていて、住宅性能評価基準を設けることで、住宅の性能を相互比較しやすくしています。
住宅の性能について、消費者にわかりやすくするため、住宅性能評価基準は、共通のルールを設けています。
この住宅性能評価基準は、住宅性能表示を活用するための必須ツールで、長期優良住宅の申請にも有効です。
構造耐力、遮音性、省エネルギー性などの住宅の性能を表示するため、住宅性能評価基準を設定しています。
住宅の性能比較を容易にすることができるのが住宅性能評価基準であり、それと共に、第三者機関を設置して品質確保を図っています。
住宅の性能を表示するため、共通のルールを定めているのが住宅性能評価基準であり、第三者機関を整備しています。
客観的に性能を評価できる第三者機関を設置し、住宅の品質の確保を図るために、住宅性能評価基準はあります。

住宅性能評価基準として、評価を行うのが指定機関の評価員もしくは、外部評価員になります。
指定住宅性能評価機関は、申請者の求めに応じて、住宅の性能評価を行うようになっていて、そこには基準が設けられています。
住宅の売買契約の際、指定住宅性能評価機関によって、交付された評価書の記載内容が契約内容として保証されます。
性能評価を受けた住宅に関するトラブルについても、住宅性能評価基準があり、万一のトラブルの場合にも紛争処理が迅速化されます。
そして、住宅性能評価基準として、瑕疵担保期間10年間の義務づけがあり、構造耐力上で主要な部分にあたる瑕疵には、10年間の修補義務を負います。
住宅取得者のうち希望する人は、取得する新築住宅について、住宅性能評価基準に基づいた評価が受けられます。
利用するかしないかは、住宅供給者または取得者の選択によるのが住宅性能評価ですが、基準はやはり大事です。
住宅紛争処理体制についても、住宅性能評価基準があり、評価を受けた住宅の紛争については、紛争処理機関に申し立てができます。
住宅性能表示制度には新設されたものがあり、それは、住宅性能評価基準と符合するようになっています。
建物構造の部分と雨水の浸入を防ぐ部分で、住宅性能評価基準があり、全ての新築住宅が対象です。
日本住宅性能評価基準というものがあり、そこでは、評価方法基準と技術解説がされています。

住宅性能評価基準は、表示される住宅の性能についての信頼性を確保する役割を果たしています。
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

なーるほーどー情報
相互リンク
ブログランキング
オススメ!!
勝手にリンク(リンクして)
プロフィール
おのりアクティブに引きこもっています 忙しくて中々趣味を実行できていない そんなおのりの趣味たちを紹介します

おのりたま

Author:おのりたま
ゆっくりしていってね

フリーエリア
お気に入り
毎日チェックしています
稼げる情報が、満載です^^↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。