おのりんLIFE  ~ブログアフィリエイト&FXアナライズ~

FX外為トレード&アフィリエイト情報



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2013-11-08

住宅性能評価の等級

住宅性能評価というのは、国が定めた制度であり、住宅の性能を統一された表示ルールで比較できるよう定めた制度です。
住宅品質確保促進法に定められた事項が住宅性能評価であり、それぞれの項目について等級があります。
どちらか一方を選択することも、両方を選択することもできるのが住宅性能評価であり、等級別に細かく規定されています。
優れた住宅性能表示制度が住宅性能評価であり、10項目の、設計、施工の性能を等級によって具体化されています。
性能の違いが一目でわかり、住宅性能評価を利用すれば、着工前に欲しい性能の等級などを決めることができます。
住宅性能評価を利用すると、希望により有償で第三者機関が、指定通りの性能であるかをチェックしてくれます。

住宅性能評価は、地震や風の力が加わった時の建物全体の倒壊、損傷のしにくさを耐震等級3で評価しています。
また住宅性能評価による建物の評価は、必ず第三者機関が行うので、信頼性の高いものになっています。
設計時に行う設計住宅に関する性能評価と、建設した後に行う建設住宅性能評価の二種類があり、いずれにも等級があります。
住宅取得者が事前に住宅性能の違いを比較できるようにしたのが住宅性能評価で、細かく等級が設定されています。
そして、住宅性能評価において評価書が発行されると、マークが表示されるようになっています。
国土交通省が作った住宅性能評価は、住宅に必要な基本性能を10項目に区分し、それぞれ等級という形でランク付けしています。
等級別に住宅性能評価は、細分化されているので、非常に分かりやすく、色々な建物の性能比較を可能としています。

住宅性能評価を利用すると、住宅ローンに金利優遇や地震保険の割引、住宅売却時には価格が下がりにくいメリットがあります。
とにかく、住宅性能評価を利用すると信頼性が高くなるのは間違いなく、この制度を利用した評価書付きの家は安心です。
火災時の安全に関することについては、住宅性能評価では、早期発見のしやすさと建物の燃えにくさを評価します。
構造躯体の損傷防止については、住宅性能評価では等級3とし、耐風等級では等級2となっています。
感知警報装置設置等級においては、住宅性能評価では、自住戸火災時等級として、3を取得しています。
また、延焼の恐れのある部分については、住宅性能評価では、等級1を取得していて、開口部以外は等級2となっています。
劣化の軽減に関することについては、住宅性能評価では、劣化対策等級として等級3を取得しています。
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

なーるほーどー情報
相互リンク
ブログランキング
オススメ!!
勝手にリンク(リンクして)
プロフィール
おのりアクティブに引きこもっています 忙しくて中々趣味を実行できていない そんなおのりの趣味たちを紹介します

おのりたま

Author:おのりたま
ゆっくりしていってね

フリーエリア
お気に入り
毎日チェックしています
稼げる情報が、満載です^^↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。