おのりんLIFE  ~ブログアフィリエイト&FXアナライズ~

FX外為トレード&アフィリエイト情報



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2013-11-09

住宅性能評価員

住宅性能評価員は、住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づいて、的確に審査する役割を担っています。
そして、住宅性能評価員は、評価業務の実施計画が適切でなければならず、技術的、経理的基礎が求められます。
住宅性能評価員は、品確法で定められた住宅性能表示制度によって、住宅性能に関する評価に携わっていきます。
まず、住宅性能評価員になる条件としては、評価員講習を受け、修了試験に合格しなければなりません。
そして、住宅性能評価員になるためには講習会を受けなければなりませんが、その際には受講資格があります。
一級建築士、二級建築士、木造建築士もしくは、建築適合判定資格検定合格者が、住宅性能評価員の受講資格者になります。
住宅性能評価員になるには、講習会を受けなければなりませんが、それは年に数回実施されています。
住宅評価での住宅性能評価員の報酬は、1件あたり5万円程度というのが、目安になります。

住宅性能評価員には、一定の定めがあり、評価員の数が建設省令で定める人数以上でなければなりません。
そして、住宅性能評価員の試験に合格した後は、住宅リフォーム紛争処理支援センターの評価員登録簿に登録しなければなりません。
その際にも、登録費用として1万2000円が必要で、住宅性能評価員になるには、講習会費用と登録費用で約8万5000円が必要です。
いわゆる、登録住宅性能に関する評価機関において、住宅性能を評価実施する者を住宅性能評価員と言います。
指定住宅性能評価機関の外部評価員として登録する方法もありますが、いずれにせよ、通常の設計事務所や建築士が単独ではできないことになります。
一般的に、関東地方においてには、住宅性能評価員のための講習会の日程が掲示されているので、参考にすると良いでしょう。

住宅性能評価員になるには、それなりに費用が必要で、講習会費用として7万円という金額が必要になります。
そして、住宅性能評価員は、試験合格後の条件として、指定評価機関に所属し、評価員として登録されなければなません。
また、業務の公正、中立性が確保されていることが、住宅性能評価員には、厳格に求められます。
指定住宅性能評価機関は、建設大臣が各都道府県に1~3団体程度を指定していて、それぞれに要件があります。
但し、住宅性能評価員の報酬については、指定評価機関の一般管理費がどの程度かによって違ってきます。
前提条件として住宅に関しては、客観的で信頼のできる評価と施工品質の確保は不可欠で、そのためには住宅性能評価員の役割は重要です。
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

なーるほーどー情報
相互リンク
ブログランキング
オススメ!!
勝手にリンク(リンクして)
プロフィール
おのりアクティブに引きこもっています 忙しくて中々趣味を実行できていない そんなおのりの趣味たちを紹介します

おのりたま

Author:おのりたま
ゆっくりしていってね

フリーエリア
お気に入り
毎日チェックしています
稼げる情報が、満載です^^↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。