おのりんLIFE  ~ブログアフィリエイト&FXアナライズ~

FX外為トレード&アフィリエイト情報



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2013-12-01

MMFとは

月末に一括して再投資するMMFは、複利効果が期待できるのが魅力で、利回りは運用実績によって変動します。
MMFは、高い格付けの外国債券、政府保証債など安全性の高い短期金融商品を中心に運用されています。
極めて安全性が高いのがMMFの特徴であり、これまでに元本割れしたという事実はほとんどありません。
もちろん、MMFで元本割れしたこともあるのですが、安全性の高さから、人気があるのは事実です。
但し、MMFを取得してから30日未満で解約する場合は、信託財産留保額として、1万口あたり10円の手数料が必要になります。
しかし、MMFの人気は高く、リスクが低い分、リターンも低いことから、安定感があって評価されています。
分配金については、MMFの場合、銀行の普通預金利子程度で対したことはありませんが、MRFと比べると、リスクとリターンは高めになっています。

MMFは、毎日決済するようになっていて、分配金についは月末まとめて行う再投資という形になっています。
国内外の公社債、譲渡性預金、コールなどの短期金融商品を中心に、様々なMMFがあり、多様性があります。
追加型公社債投資信託がMMFであり、株式は一切組入れておらず、リスクをできるだけ少なくしています。MMFとは、マネー・マネジメント・ファンドを略した言葉で、公社債、短期金融資産にて運用される投資信託のことを指します。
安定した運用収益の確保を目指しているのがMMFであり、定期預金よりは運用利回りが高い野がメリットです。
1円以上1円単位で購入できるMMFは、収益分配金については、運用実績に応じて毎日分配しています。
投資信託会社によってMMFの運用利回りは違いますが、申込日の正午までに入金確認されれば、その日から分配金が付きます。

MMFは、購入後30日未満の換金については、信託財産留保額が差引かれるので、注意が必要です。
しかし、MMFが元本割れしたのは、金融危機のときで、実質的に流動性を確保しながら安定運用できるものです。
分配金は月末にまとめて再投資するMMFは、購入後30日を過ぎれば、いつでも手数料なしで引き出せます。
安定した収益の確保を目指して運用できるMMFですが、過去に元本割れをしたファンドもあります。
安全性の高い公社債で運用する実績分配型債券ファンドがMMFであり、毎日決算を行うのが特徴です。
基本的にMMFというのは、投資信託になるので、元本保証はないのですが、非常に安全性の高いものです。
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

なーるほーどー情報
相互リンク
ブログランキング
オススメ!!
勝手にリンク(リンクして)
プロフィール
おのりアクティブに引きこもっています 忙しくて中々趣味を実行できていない そんなおのりの趣味たちを紹介します

おのりたま

Author:おのりたま
ゆっくりしていってね

フリーエリア
お気に入り
毎日チェックしています
稼げる情報が、満載です^^↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。