おのりんLIFE  ~ブログアフィリエイト&FXアナライズ~

FX外為トレード&アフィリエイト情報



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2013-12-03

MMFの税金

MMFの分配金に対しては、20.315% の源泉分離課税が課されることになり、それなりの税金が課されます。
外貨MMFについては、利益は大きく分けて2種類あり、それは運用実績に基づいて収益分配される分配金と、売買によって得られる為替差益になります。
この2つについては、同じ外貨MMFの収益になりますが、課税方法が異なるので、税金には注意が必要です。
外貨MMFについては、運用成績によって、投資家に分配金が支払われるという形になっていて、分配金に20%の税金が課せられます。
要するに、外貨MMFで説明すると、証券会社が分配金かめ所得税の税金として、20%が源泉徴収されることになります。
源泉分離課税というMMFの税金の仕組みは、証券会社が分配金から所得税を自動で引くようになっています。
為替差益というのは、外貨MMFを買った後、円安になった場合の売買の差額のことを指します。

MMFをすることで利益が出た場合は、通常、税金を納めなくてはならない仕組みになっています。
利益がでるのはMMFの場合、2パターンあり、それぞれが別の課税方法になっていて、税金が課されるようになっています。
分配金は、外貨MMFの運用利益であり、これは毎月の利息のようなもので、これについてもしっかり税金が課されます。
また、為替差益と言うのは、MMFについて、売買したときの為替差による利益になります。これについては税金は課されません。
MMFの場合、投資家には税金が課税後の分配金として支払われるので、確定申告する必要はありません。
分配金は、外貨MMFを運用する会社が、運用して得た利益について、毎月月末に投資家へ還元するものを指します。MMFというのは、基本的に、投資で得た利益に関しては、一定の税金がかかってくるので、注意が必要です。

MMFの税金は、2013年1月1日以降、復興特別所得税が導入されたことにより、20% の税率が 20.315%になっています。
源泉分離課税という税金は、他の所得と全く分離して課税する制度で、MMFの場合、一定の税率で所得税が源泉徴収されます。
つまり、MMFの場合、何もしなくても納税が完結するというもので、税金の確定申告をする手間が省けます。
為替差益については、MMFの場合、外国籍の投資信託になるので、原則税金はかからず、非課税になっています。
MMFは、税金の有利さがあるので、プロも運用に組み入れている商品として、高い人気を誇っています。
為替差益がMMFの場合、税金はかからないことから、他の外貨商品よりも有利と言え、それが魅力になっています。
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

なーるほーどー情報
相互リンク
ブログランキング
オススメ!!
勝手にリンク(リンクして)
プロフィール
おのりアクティブに引きこもっています 忙しくて中々趣味を実行できていない そんなおのりの趣味たちを紹介します

おのりたま

Author:おのりたま
ゆっくりしていってね

フリーエリア
お気に入り
毎日チェックしています
稼げる情報が、満載です^^↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。