おのりんLIFE  ~ブログアフィリエイト&FXアナライズ~

FX外為トレード&アフィリエイト情報



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2013-12-05

MMFとMRF

MMFというのは、非常に安全性の高い債券を中心として、優れた投資信託として高く評価されています。
銀行の預金口座のようなものを証券会社で作ろうとしたものがMRFですが、MMFの場合、入出金が1ヶ月に1回しかできません。
しかし、MMFの場合、MRFと違って、30日以内に解約すると、手数料がかかってしまうので、注意しなければなりません。
端的に言えば、MMFの問題を解決すべく誕生したのがMRFで、MRFの場合、入出金が毎日できて、取引額も1円単位です。
申込し込みに関しても、MMFであれば、証券会社からかんたんにすることができ、気軽に短期公社債を運用できます。
しかし、MMFの良いとこところは、MRFよりも高金利が期待できることで、これは、大きな魅力の1つと言えます。
MRFと同じく、MMFも、投資信託会社が、残高を口座名義人に代わり、運用して利益を出すという仕組みになっています。

MMFもMRFもどちらも同じような感じに思えますが、違うのは、MRFの場合、自由に出し入れができることです。
一方、MMFの場合は、MRFと異なり、出金には条件が付き、また、以前は、証券会社が預金口座を持つことは禁止されていました。
そうした背景があって、MRFという普通口座に似た商品ができたわけで、MMFという商品の後に登場してきたものです。
株の購入などでMRF口座から購入代金を引落とすことはよくあり、MRFは銀行でいうところの普通預金口座にあたり、MMFは定期預金に当たります。
MMFとMRFで共通する点と言えば、どちらも投資信託でありながら、元本割れがないという点です。
MRFとMMFの違いは、 簡単にいうとより商品として使いやすく、安全度を高めたものがMRFと言うことが言えます。
要するに、MMFの場合、MRFと違い、取引額が1万円単位で、融通がきかないという問題がありました。

MMFの問題が浮上したことで、それに抗するようにして登場してきたのが、MRFというわけです。
運用方法については、MMFはMRFと基本的には同じ仕組みになっていて、申し込み手数料や解約手数料は共に無料です。
しかし、MRFの場合、MMFと比べて、利回りは悪くなり、運用するに当たっては、デメリットがあります。
商品として比較していくと、入出金の融通性を取りたいならMRF、利回りを取るならMMFということになるでしょう。
証券総合口座専用の投資信託がMMFであり、公社債や短期金融資産にて運用される投資信託のことを指します。
MMFの場合、解約時には信託財産留保金がとられますが、MRFには一切なく、引き落としや給与振り込みなども指定することができます。
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

なーるほーどー情報
相互リンク
ブログランキング
オススメ!!
勝手にリンク(リンクして)
プロフィール
おのりアクティブに引きこもっています 忙しくて中々趣味を実行できていない そんなおのりの趣味たちを紹介します

おのりたま

Author:おのりたま
ゆっくりしていってね

フリーエリア
お気に入り
毎日チェックしています
稼げる情報が、満載です^^↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。