おのりんLIFE  ~ブログアフィリエイト&FXアナライズ~

FX外為トレード&アフィリエイト情報



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2013-12-12

個人向け国債の金利

個人向け国債と言えば、もっとも気になるのが金利で、最近の傾向として、金利は変動10年がもっとも高くなっています。
2012年10月発行分の個人向け国債を見ると、変動10年の金利は0.53%、固定5年の金利は0.17%となっています。
もちろん個人向け国債の場合、金利が下がっていけば、固定でない方がお得になることもありますが、いずれにせよ金利はよいです。
2003年に個人向け国債は、変動金利の変動10年が誕生していて、2006年に固定金利の5年が発行されています。
ただし、個人向け国債の固定5年、3年については、ネット銀行の5年満期、3年満期の定期預金のほうが金利が高いケースがあります。
基本的に個人向け国債の金利の決まり方は、計算式によって出されていて、一般の国債より低い金利が適用されています。
一番、金利が低いのは復興応援の個人向け国債ですが、これは金利で選ぶのではなく、応援に意義があるからです。

個人向け国債は、金利が低い時には期間が短いものや変動金利型のものを、選ぶとよいでしょう。
金利が高い時は、期間が長めの固定金利型の個人向け国債を選択するというのが、選び方の基本になります。
しかし、金利の予想は簡単ではないので、個人向け国債を利用する場合は、変動10年と固定5年か3年の両方を買うといいでしょう。
それか、個人向け国債だけにするのではなく、期間が違う定期預金も一緒に利用するといいでしょう。
要するに、個人向け国債を利用する時は、期間の分散をしっかりしておくことが肝心になります。
そして、2010年、個人向け国債は固定3年を発行していて、それぞれに金利の決まり方があります。
そうすれば、個人向け国債を利用しながらも金利動向に対応しやすくなり、有効活用できます。

個人向け国債は、常に金利に敏感になって、柔軟に対応していくことが、有効な利用方法になります。
変動10年の個人向け国債を購入した場合でも、金利のピークを見極めて解約し、固定5年に乗り換えるなどの方法もあります。
また、個人向け国債の固定3年の金利は0.07%となっていて、金利に変更がないとすると、途中で解約してもお得になります。
しっかりと過去の金利の推移を見ていき、個人向け国債を失敗しないように利用して行くことが大事です。
そのため、中途解約するつもりがないのであれば、個人向け国債よりも、定期預金のほうがよい場合があります。
景気に明るい兆しが見えてきた時には、個人向け国債の金利は上がり、景気が悪化すると金利も下がります。
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

なーるほーどー情報
相互リンク
ブログランキング
オススメ!!
勝手にリンク(リンクして)
プロフィール
おのりアクティブに引きこもっています 忙しくて中々趣味を実行できていない そんなおのりの趣味たちを紹介します

おのりたま

Author:おのりたま
ゆっくりしていってね

フリーエリア
お気に入り
毎日チェックしています
稼げる情報が、満載です^^↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。