おのりんLIFE  ~ブログアフィリエイト&FXアナライズ~

FX外為トレード&アフィリエイト情報



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2013-12-15

個人向け国債の解約

個人向け国債で注意が必要なのは、解約についてで、発行から1年経てば国が買い取ってくれますが、ペナルティがあります。
安易に個人向け国債を解約すると、元本を下回ることもあるので、ペナルティには注意しなければなりません。
変動金利型の個人向け国債の場合、その時々で利息の額が変わるから、直近となっているのです。
但し、利息から引かれた税金の金額は除くという意味なので、個人向け国債で解約しても元本割れはありません。
購入時のお金が戻ってくる際、個人向け国債は解約でペナルティ分を差し引いた金額が戻ってくることになります。
そのため、満期までに解約する可能性があるなら、定期預金より個人向け国債の方が扱いやすいです。
中途で個人向け国債を解約する場合、定期預金とも大きな違いがあるので、注意が必要です。

個人向け国債を解約する場合、定期預金のように預入時にさかのぼって、中途解約利率という低い金利が適用されることはありません。
個人向け国債で復興支援国債と変動10年については、解約時点で金利が高くなっているとペナルティの金額は大きくなります。
発行から10年変動の個人向け国債は1年で、5年固定金利の国債は2年経過すれば、解約ができます。
但し、個人向け国債の場合、2年経過した後でも、解約にはペナルティがあるので、受分注意しなければなりません。直前4回分の利息を、10年変動金利型は、直前2回分の利息を解約で支払う必要があります。
直近2回分の利息相当額×0.79685という支払いがあり、個人向け国債の解約にはペナルティがあります。
5年固定型の個人向け国債は、2年経過後の解約時に計算式があり、それは額面金額+経過利子相当額-直前4回分の利子になります。
個人向け国債は、2年以上保有していたとても、途解約した場合は、元本割れする場合があるので要注意です。
また、個人向け国債の利息には税金がかかるので、1年での解約の場合、換金時に戻ってくるお金が減ります。
5年固定金利型の個人向け国債は。
しかし、10年の個人向け国債は、直近2回分、5年は直近4回分の利息がもらえないので、デメリットは大きいです。
短期間での個人向け国債の場合、解約した時には元本割れすることもあるので、慎重に検討しなければなりません。

個人向け国債を利用する場合、元本割れを避けるため、解約しないで、できれば償還日まで保有するのが賢明です。
解約の場合、10年変動金利型の個人向け国債については、発行から1年経過後に額面で換金することができます。
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

なーるほーどー情報
相互リンク
ブログランキング
オススメ!!
勝手にリンク(リンクして)
プロフィール
おのりアクティブに引きこもっています 忙しくて中々趣味を実行できていない そんなおのりの趣味たちを紹介します

おのりたま

Author:おのりたま
ゆっくりしていってね

フリーエリア
お気に入り
毎日チェックしています
稼げる情報が、満載です^^↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。