おのりんLIFE  ~ブログアフィリエイト&FXアナライズ~

FX外為トレード&アフィリエイト情報



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2013-12-16

個人向け国債のリスク

個人向け国債というと、安全性の高い金融商品の代表格とされていますが、リスクもあるので注意しなければなりません。
国が元本を保証してくれるので、個人向け国債の場合、リスクが少ないように思えますが、軽視してはダメです。
そうすると個人向け国債で儲け損ねてしまう可能性があるので、リスクを避ける方法をしらなければなりません。
個人向け国債でペナルティを取られても元本割れにはなりませんが、解約時にリスクを伴います。
債券に投資する場、発行元の信用度を確かめる必要があり、これは個人向け国債でも同じことが言えます。
個人向け国債のリスクをよく考えて、儲け損なわないようにするには、資産運用のポイントがあります。
あるいは変動10年の個人向け国債に切り替えることで、リスクを避けることができるので、よく覚えておきましょう。
資産運用の基本情報として、信用リスクという言葉は、個人向け国債についても頭に入れておかなくてはなりません。
つまり、個人向け国債を利用する場合、日本政府の信用度についてはよく見極めなくてはならないわけです。
市場金利が急上昇しても、個人向け国債の固定金利タイプは、持ち続けることで低い金利しか受け取れないリスクがあります。
リスクを考えて個人向け国債に取り組んでいかないと、儲け損ねてしまうことになりかねません。
そうした場合、固定の個人向け国債を解約し、金利が高くなっている商品をあらたに購入する必要があります。

個人向け国債の商品には、変動10年があり、これは市場の金利動向にあわせて金利が見直されます。
一方、個人向け国債の固定は、満期まで金利が変わらないので、経済の情勢を見て、リスクを回避しなければなりません。

個人向け国債は、今のところ変動がおすすめで、日本の金利は上昇する時は短期間で、下降する時は長期間かかるからです。
変動10年の個人向け国債は、市場金利の上昇に合わせて金利も上昇するので、リスクは少ないです。
下降に転じる前に個人向け国債を解約し、固定金利タイプに乗り換えるというのがリスクを回避する方法になります。
ただ、個人向け国債の変動10年の場合、直近2回分の金利をペナルティとして取られるリスクがあります。
金利が高くなった時に個人向け国債を解約すると、ペナルティの金額が大きくなるというリスクがあります。
そのため、すぐに資金が必要でない場合は、リスクを避けるため、個人向け国債を途中換金すべきではないでしょう。
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

なーるほーどー情報
相互リンク
ブログランキング
オススメ!!
勝手にリンク(リンクして)
プロフィール
おのりアクティブに引きこもっています 忙しくて中々趣味を実行できていない そんなおのりの趣味たちを紹介します

おのりたま

Author:おのりたま
ゆっくりしていってね

フリーエリア
お気に入り
毎日チェックしています
稼げる情報が、満載です^^↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。